MacOSX ElCapitanで日本語入力が遅いときの解決方法!


MacOSはElCapitanになってから日本語入力に新たな機能が加わるなど、様々な機能がグレードアップしています。機能が向上したからといって、使い勝手が向上して安定した動作が保証されているとは限りません。日本語入力が遅くなった時の解消法を説明します。

スポンサードリンク

先日、新たにiMacを購入して新しいOSであるElCapitanで仕事をしています。

しかし、日本語を入力していると、なんとなく変な感じがしました。

新たに「ライブ変換」という機能がついたのです。

このために入力がもたついていたのです。しかし、ライブ変換をオフにした後もしだいに日本語入力がモサモサとしてきました。

日々の仕事のほとんどが、Macで文書作成という状況においては、かなり致命的なストレスがかかります。

こういった症状に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今ではすっかり解消してサクサクと日本語入力ができるようになりましたので、この解決策を具体的に解説します。

新たな日本語入力の機能「ライブ変換」

makku

まずは、最初につまづいた「ライブ変換」です。

El Capitanの日本語入力はこれまでとあまり変更がないものと思っていたのですが、入力してみて驚きました。

入力するそばから、漢字に変換されていきます。

しかも、キーボードの操作にある程度なれている人であれば、キーを叩くスピードにライブ変換が完全についてくることができないため、少し遅れるのです。

入力のそばから変換されるということにも、戸惑いがあり、変換スピードにも個人的には不満を感じたので、この機能はあっさりと使わなくなってしまいました。

ライブ変換をオフにする方法

ライブ変換のオフは、画面の右上にある日本語入力のところをクリックすると、「ライブ変換」というところが現れますので、そこをクリックしてオフにしてください。

ライブ変換をオフにすると、通常の入力に戻りました。

しだいに遅くなる日本語入力

ライブ変換機能をオフにして、しばらくは快適に日本語の文書を作成していたのですが、そのうちに少しずつモタつくようになってきました。

英数の入力では感じないのですが、日本語の入力では明らかに遅い。しばらくは我慢して使っていたのですが、仕事の大半は日本語の入力である以上、このままではストレスがたまってしまいます。

少し調べてみたのですが、ネットなどで調べたことを適当にアタックしていく方法は効率が悪いと思い、アップルサポートへ電話することにしました。

アップルサポートセンターへ連絡

apHP

アップルサポートはこちらです。

iMacを購入したときにアップルケアも同時に購入していたのですが、今回は初期サポートの期間内としての対応になりました。

アップルのホームページからアップルサポートに入っていきます。

今回は電話での問い合わせを行いました。

サポートの人はしっかりとした対応をしてくれます。当然、知識もしっかりとありますので、安心です。

日本語入力がモタつくことを伝えると、セーフブートをするといいと言われました。

セーフブートの効果

セーフブートは、マックの基本的な機能のみで立ち上げを行うもので、その際にディスクの検証をしてくれたり、システムのキャッシュを削除したりしてくれます。

通常の起動では、様々なものを読み込んでしまいますので、不具合が起きた時には、セーフブートで立ち上げた時にも同様の症状が起こるのか、ということを確かめるのです。

こうすることで、不具合の原因がセーフブートでも生じるのかを切り分けることができるのです。

セーフブートの方法

OSXのEl Capitanでセーフモードの起動をする方法は、次のとおりです。

  1. まず、システム終了します。
  2. システムが終了して10秒ほど待ちます。(完全に終了するのを待つ)
  3. 起動スイッチを押します。
  4. 起動音が聞こえたら、Shiftキーを押してそのままにします。(起動スイッチを押す前からShiftキーを押してはダメです。)
  5. 画面にアップルのマークとその下にバーが出てきたら、Shiftキーを離します。
  6. セーフモードで起動できた場合は、右の上に赤字で「セーフモード」とカタカナで表示されます。

Shiftキーを押すタイミングと離すタイミングに気をつけてください。

セーフブート後の状況

セーフブートしてログインすると、画面が波打つような感じになり、白い線が下から上の法へと動いたりします。

また、アプリによっては画面の白い線が出っぱなしになってしまって、使えません。セーフブートで起動しているときは、基本的なアプリ以外は動かさない方がいいようです。

この状態で、メモを開いて少し日本語入力をしてみました。

日本語変換の候補を出す部分は、セーフモードのためチラチラとしますが、入力による変換の遅れは解消されているようでした。

そのまま、再度システム終了をして、通常の立ち上げを行いました。

日本語入力が正常に!

セーフブートする前と比較して、日本語の入力がとんでもなくスピードアップしました。

モタつくことが完全になくなり、とても快適に入力できています。

El Capitanで日本語入力がおかしいかな?と思ったら、ぜひセーフブートで起動してみてください。

とても簡単なので、とりあえずという感覚でできると思います。

スポンサードリンク