ハロウィンの由来やオススメの衣装やメイク、お菓子などハロウィンのことは何でも教えます!


毎年どんどん規模が大きくなり、いろいろなイベントが行われるハロウィン。今年はどんな衣装やメイクにするか迷う人も多いと思います。ハロウィンの意味を知ると仮装のやり方が変わると思います。ハロウィンについて分かりやすくまとめました。

スポンサードリンク

ハロウィンとは

ハロウィンとは

ハロウィンとは、10月31日~11月2日の間に行われるお祭りで、11月1日がキリスト教の万聖節にあたることから、その前夜祭として開催されます。

万聖節とは、今は亡き聖人達をお祀りする行事です。聖人という意味の英語である「Hallow」の前夜祭「eve」であることから、「ハローイヴ」と言われ、それが変化して「ハロウィン」と呼ばれるようになったと言われています。

ハロウィンは、万聖節の前夜祭であると同時に、日本でいう「お盆」に相当します。

つまり、死者の魂が戻って来る日でもあるのです。

ハロウィンの起源と歴史

ハロウィンは今ではすっかり仮装を楽しむためのイベントとなっていますが、昔は宗教的意味合いが色濃い行事でした。

ハロウィンの起源は、2000年以上も前だと考えられており、ケルト民族の風習から端を発しています。

ケルト民族では、11月1日を元旦とする暦が使用されており、10月31日はちょうど日本でいう大晦日にあたります。1年の集大成とも言える10月31日にケルト人は秋の収穫を祝うお祭りを開催していました。

それと同時に、10月31日は先祖の霊が下界に戻って来る日だと認識されており、霊界に繋がる釜の蓋が開くため、悪霊や魔物もたくさん人間界に降り立つと考えられていました。

これらの魔物達を追い払うために、悪霊払いの儀式を行っていたのです。このケルト民族の風習を受け継いだのが、キリスト教です。キリスト教ではちょうど11月1日を万聖節と制定していたため、ケルト民族の儀式は次第にキリスト教における前夜祭として姿を変えていきました。

ケルト民族の風習とキリスト教の風習が合体して、今のハロウィンの形が出来上がったのです。

ハロウィンの仮装の意味とは?

仮装した子ども

ハロウィンと言えば、仮装を楽しむお祭りでもあります。実は、ハロウィンで行われる仮装には、きちんとした意味が存在しているのです。

ハロウィンはいわゆる死者の世界と人間界を結ぶ穴の蓋が開く日です。人間界にやってくるのは先祖達の霊だけではなく、悪さをする悪霊や魔物達も一緒に人間界に降り立ちます。

魔物達は人間を見つけると、悪さをしたり魔界に引きずりこもうとします。それを防ぐために、人間達は魔物と同じ姿に変身し、人間だとばれないようにしたのです。

また、より恐ろしい姿を魔物やお化けに見せることで、魔界へ追い返そうとしました。ハロウィンに仮装をする意味は、人間に悪さをする魔物達から身を守るためなのです。

「Trick or Treat」の意味

ハロウィーン

ハロウィンは子どもも大人も一緒になって楽しめる行事です。

中でも有名なのが、仮装した子どもが「Trick or Treat」と言いながらご近所宅を訪問するハロウィンパレードです。

「Trick or Treat」は日本語に訳すと「お菓子かいたずらか」となり、「いたずらされたくなければお菓子を渡せ!」という意味です。

アメリカなどでは、お菓子をくれないお家には生卵が投げつけられてしまうようです。このハロウィンパレードは、中世、ハロウィン用のお菓子を用意することができない経済苦の農民達が食料集めに行い始めた習慣からきています。


スポンサードリンク


おすすめの衣装・コスチューム、ヘアスタイル

おすすめは王道のゾンビで!

ハロウィンで一番頭を悩ませるのが、コスチューム選びです。今ではアニメのキャラクターなど非常にバリエーションに富んだ仮装があちこちで見られますが、コスチュームで迷った時は、ハロウィンらしい王道の仮装をすることをおすすめします。

魔女は毎年女性に人気のコスチュームです。ほうきや杖など小道具が揃えやすいので、思い切り仮装を楽しむことができます。

ゾンビやヴァンパイアは老若男女問わず人気の仮装で、凝ったメイクで本物らしさを追求するのも面白さの一つです。

また、小さな子どもの衣装で悩んだ時は、ジャック・オー・ランタンやお化けなど頭からすっぽり被れば簡単に仮装できるコスチュームが可愛らしさも相まっておすすめです。

メイクやヘアスタイルの仕方

最近では、コスチュームだけではなく、より本物らしさを追求したメイクやヘアスタイルに凝る方も多く見られます。

メイクやヘアスタイルであれば、コストもそれほどかからないため、経済的にもおすすめです。

特に人気なのは、傷メイクやゾンビメイク、猫耳ヘアです。それぞれの方法については、動画をご紹介いたします。

傷メイクの動画

ゾンビメイクの動画

猫耳ヘアの動画

ハロウィンの飾りについて

ハロウィンの季節になるとよく目にするようになるのが、オレンジ色のカボチャの飾りです。

目・鼻・口が施されたカボチャの提灯のことをジャック・オー・ランタンと呼びます。

ジャック・オー・ランタンの意味

ハロウィンのシンボルとも言えるのが、ジャック・オー・ランタンです。

ジャック・オー・ランタンの起源はイギリスでカブを使って作られた飾りだと言われており、アメリカに伝わった時にカボチャで作られるようになりました。

ジャック・オー・ランタンには、2つの意味が込められており、一つは悪霊から家族を守るお守りとしての役割です。

そして、もう一つは、ご先祖の霊がきちんと家に戻ってこれるように目印変わりに使われます。

つまり、家族の元に安心して精霊だけをお招きするための飾りつけなのです。これは日本のお盆と同じですね。

ジャック・オー・ランタンの物語

ジャック・オー・ランタンの名前の由来には、ジャックという男の少し可哀相な物語が秘められています。この物語は、アイルランドに古くから伝わるお話です。

アイルランドに住んでいたジャックという男は人を騙してばかりいる乱暴者でした。

あるハロウィンの日、ジャックの元に悪魔が「魂を取る」と襲いにきました。

それを持ち前の口先でかわし、悪魔を騙して10年間ジャックの魂を取らないと約束させたのです。

10年後再びやってきた悪魔に対して、またしてもジャックは嘘をついて騙し、一生ジャックの魂を取らないと約束させました。

月日が経ち、ジャックは寿命で死にました。

すると日頃の悪い行いから天国に行くことができず、渋々地獄に行くと、騙した悪魔と出会い「お前の魂は取らないと約束した」と地獄にも入れてもらえません。

ジャックの霊は天国にも地獄にも行くことができず、悪魔からもらった火の魂をカブにいれて、足元を照らしながらずっとこの世とあの世をさまようことになったのです。

この提灯にちなんで、「ジャックのあかり」という意味で、ジャック・オー・ランタンが魂の道標や悪霊払いとして飾られるようになりました。

各地のハロウィンイベント

イベント

ハロウィンでは、日本各地で盛大にイベントが催されています。

中でも人気の高いおすすめのハロウィンイベントは以下の通りとなります。

ハロウィンin多摩センター

仮装もパレードも飾りもハロウィンを余すことなく楽しみたいという方におすすめのイベントがハロウィンin多摩センターです。

アクセスも良く、仮装コンテストや仮装パレード、ジャック・オー・ランタンナイトなど様々な催し物を楽しむことができます。

サンリオピューロランドが近いため、サンリオキャラクターに仮装する方が目立ちます。

2017年は10月28日(土)と29日(日)に開催され、27日(金)が前夜祭になっています。

場所は小田急線・京王線・多摩都市モノレール線の多摩センター駅下車すぐです。

ハロウィンin多摩センター実行委員会facebook

KAWASAKI Halloween

神奈川県の川崎で行われる日本最大級のハロウィンイベントです。

2017年の開催日程は、10月21日(土)、28日(土)~29日(日)で、それぞれの日に様々なイベントが催されています。

とにかく大通りで行われるパレードは圧巻なので、パレード好きの方にはたまらないイベントで、2017年のパレードは10月29日(日)になります。

川崎市役所にも飾り付けがされ、市をあげて盛り上げるイベントとなっています。

場所はJR東海道本線川崎駅周辺です。

KAWASAKI Halloween 2017

USJ ハロウィン・ホラー・ナイト

関西でハロウィンイベントに参加するなら断然USJのハロウィン・ホラー・ナイトがおすすめです。

パーク内の全てのゾーンがお化け屋敷に変わり、ゾンビやチャッキー、ジェイソンなど映画の世界ならではのお化けを楽しむことができます。

本格的にハロウィンの世界を楽しみたいという方に人気です。

また、2017年はハロウィーン・ホラー・ナイトの15周年ということで、例年以上のホラーが楽しめるようです。

2017年は9月8日(金)~11月5日(日)まで開催されており、楽しめる期間が長いのも嬉しい特徴です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式HP

ハロウィンの料理やお菓子

ハロウィンでの楽しみの一つといえばハロウィン独自の楽しいお菓子や料理です。

ハロウィンには、特にこの食事をという決まりや風習はありませんが、最近ではジャック・オー・ランタンをかたどったお菓子やカボチャの料理など食卓においてもハロウィンを楽しむ風潮があります。

ハロウィン・キャンディ

キャンディ

ハロウィン独自のお菓子がハロウィン・キャンディです。

三角コーンのように三角すいの形をしたキャンディで、オレンジ・白・黄色の3種類の色で作られています。

子どもにあげると喜ばれるハロウィンのお菓子です。

りんごを用いた料理やお菓子

アップルパイ

日本ではあまり浸透していませんが、ハロウィンではリンゴを用いるという風習があります。

もともと、「Apple Bubbring」という、水に浮かべたリンゴを口でくわえて持ち上げるという遊びが昔から行われてきました。

これは、ハロウィンの時期にリンゴがたくさん収穫されることから端を発していると言われています。

ハロウィンらしさを出したいのであれば、カボチャ料理以外にアップルパイなどリンゴを使ったお菓子を用意すると良いでしょう。

さいごに

ハロウィンは日本のイベントと考えてもいいくらい広まっていて、とても重要な楽しいイベントになっています。

宗教観の少ない日本では、イベントの意味よりも参加することや仮装することだけに重点が置かれがちです。

ハロウィンの意味を知ることで、仮装して参加することが一層楽しくなると思います。これからは、その意味を知った上で参加してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク