スタバの2017年の福袋ネタバレ!?2017年の福袋の中身をご紹介!


毎年、大人気のスターバックスの福袋です。2017年の福袋の中身をご紹介しちゃいます!買おうかどうしようか迷っている人は、ぜひご覧ください。2017年の中身のほかに、2016年と2015年の福袋の中身を比較して紹介します!

スポンサードリンク

2017年のスターバックスの福袋は?

stb2017

(出典:スターバックス)

2017年もスタバの福袋を手に入れることができました!

2017年の福袋は1種類になりました。

  • 5,556円(税込み6,000円)のもの

過去の福袋の値段を見てみると、次のようになっていました。

  • 2013年 … 3,000円 5,000円
  • 2014年 … 3,000円 5,000円
  • 2015年 … 3,500円 5,000円
  • 2016年 … 3,500円 6,000円
  • 2017年 … 6,000円

少しずつ高くなっているのが分かります。特に2014年の4月から消費税が上がったこともあり、税込み価格は少しずつ上がっています。

消費税だけでなく、物価も少しずつ上がっていますので、そういったことの影響を受けたり、中身を充実させたりと、いろいろな影響があるのだと思います。

発売日はもちろん、2017年1月1日からになります。(ただし、店舗よって異なります。)

販売店舗はこちら。

2017年の福袋の中身をご紹介!

さっそく、2017年の福袋の中身を紹介しちゃいます。

ことしは朝から並んで買ってきました。私が買ったスターバックスでは53個の販売予定で、6時45分から整理券の配布を始めていました。

img_7231

6時30分頃に到着して42番の整理券をもらいました。整理券もちゃんとかわいくデザインされています。

dscf9828

待っている間にコーヒーのサービスをしてくれました。うれしい気づかいですね。

dscf9831

そして、外側(袋から出す前)はこんな感じです。去年から引き続き布製のトートです。

dscf9835

これが福袋の中身!

福袋の中身はこんな感じでした。

dscf9840

  • 布製のトートバック
  • デミタスカップ&プレートセット
  • マグカップ
  • グリーティングカード(ドリンク1杯の無料券付き)4枚
  • ORIGAMI 3カップ
  • VIA 12スティック
  • コーヒー豆2袋

あくまで主観ですが、それぞれ大まかに値段を付けてみると、次のようになると思います。

  • 布製のトートバック 1,000円
  • デミタスカップ&プレートセット 1,500円
  • マグカップ 1,500円
  • グリーティングカード(ドリンク1杯の無料券付き)4枚 2,500円
  • ORIGAMI 3カップ 600円
  • VIA 12スティック 1,000円
  • コーヒー豆2袋 2,000円

合計で10,000円くらいでしょうか。実売で考えればもう少し高いかもしれませんが、感覚的にはこのくらいだと思います。

今回はステンレスボトルやコーヒー器具は入ってなくて、そのかわりデミタスカップとプレートのセットが入っていました。

dscf9841

ボトルやコーヒー器具はすでに持っている人も多く、福袋には入れるべきでないと判断したのかもしれません。デミタスカップはエスプレッソやスープなどを少し入れるのに重宝しますが、使わない人も多いかもしれませんね。個人的には結構好きですね。

それからマグカップ。

dscf9842

ORIGAMIやVIA、クリーティングカードは定番でやはり入っていました。

全体的には定番のものがありつつ、予想ていないものも入っていたりして福袋らしい気がしました。

2016年の福袋と比較

2016年の福袋の中身も見てみましょう。

昨年の整理券はこのようなデザインでした。こちらもかわいくデザインされていました。

seiriken

そして、袋に入ったところはこんな感じです。なかなかかわいい感じになっています。

IMG_6626

3,500円の福袋

3,500円の福袋の中身はこんな感じでした。

DSCF3475

  • 布製のトートバック
  • タンブラー
  • オリジナルノート
  • グリーティングカード(ドリンク1杯の無料券付き)4枚
  • コーヒー豆1袋

あくまで主観ですが、それぞれ大まかに値段を付けてみると、次のようになると思います。

  • 布製のトートバック 1,000円
  • タンブラー 1,200円
  • オリジナルノート 600円〜1,000円
  • グリーティングカード(ドリンク1杯の無料券付き)4枚 2,400円
  • コーヒー豆1袋 1,000円

おおむね6,000円〜7,000円になると思います。

3,500円のものにはステンレスボトルは入っていませんでした。その分ノートが入っていたりします。

ダイアリーではありませんでしたが、個人的にはこういうノートはかなり好きなので、プラス要素でした。

タンブラーは見かけないタイプで、デザインがシンプルですので、かなり気に入って使いました。

金額のお得感というよりは、スターバックスオリジナルの福袋になっている感じがありました。

6,000円の福袋の中身

DSCF3477

  • 布製のトートバッグ
  • ステンレスボトル
  • グラスのマグカップ
  • コーヒー豆2袋
  • グリーティングカード
  • VIA12個入り

6,000円のものも3,500円のものと同様に、普段は店頭で目にしない福袋用のものが入っていました。

個人的な感覚で値段を付けていくと、こんな感じなります。

  • 布製のトートバッグ 1,000円
  • ステンレスボトル 4,000円
  • グラスのマグカップ 2,000円
  • コーヒー豆2袋 2,000円
  • グリーティングカード(ドリンク1杯の無料券付き)4枚 2,400円
  • VIA12個入り 1,000円

トータルで12,000円を超える感じになっていると思います。

2016年から高い方の福袋は5,000円から6,000円に値上げしたこともあって、お得感が十分に出ていたという印象です。

個人的にはグラスのマグカップはかなり気に入りました。あまり店頭に並ばないものを入れてくれるというのは、スタバ好きにとって嬉しいですね。

2015年の福袋の中身との比較

2015年の福袋の中身と比較してみましょう。

3,500円の福袋

3,500円の方は、こんな感じでした。

  • キルティングのトートバック
  • ステンレスのボトル
  • ORIGAMI(パーソナルドリップコーヒー)又はVIA
  • グリーティングカード(ドリンク1杯の無料券付き)4枚
  • コーヒー豆1袋

2015年の福袋の場合、2014年中に売り出したボトルが1点、それと定番のコーヒー豆、VIA、ORIGAMI、さらにグリーティングカード4枚という内容でした。

ステンレスボトルは1つで4,000円程度するものもありますし、コーヒー豆は1,000円以上、VIAやORIGAMIも300円から500円ほどです。それにグリーティングカードは600円ほどのドリンク券が付いていますので、それが4枚分。

合計すると、7,000円は軽く超えてくるので、スターバックスをよく利用する方にとっては、とてもお得な買い物になっていました。

店頭ディスプレイの様子

中身の様子です。

5,000円の福袋

5,000円の福袋の中身は、このような感じになっていました。

  • キルティングのトートバッグ
  • ウォーターボトル
  • コーヒーのドリッパー(コーヒーをドリップする器具)
  • コーヒーフィルター
  • マグカップ
  • コーヒー豆2袋
  • グリーティングカード
  • シリコンリッド(カップのふた)
  • コースター

5,000円の方は、福袋を開けて、すぐに自宅でコーヒーが飲めるようになっています。お正月に家族でコーヒーを飲むという感じです。家庭でコーヒーというテーマがあり、とてもいい感じがしました。

ただ、中身を一つ一つ見てみると、通常、店頭に並んでいないような商品もあり、お得感はよくわからない感じがしました。

個人的な感覚で値段を付けていくと、こんな感じなります。

  • キルティングのトートバッグ 1,500円
  • ウォーターボトル 1,300円(店頭ではあまり見ません。)
  • コーヒーのドリッパー(コーヒーをドリップする器具) 1,200円
  • コーヒーフィルター 300円
  • マグカップ 1,000円
  • コーヒー豆2袋 2,000円
  • グリーティングカード 600円×4=2,400円
  • シリコンリッド(カップのふた)500円
  • コースター 300円

大体こんな感じの値段になると思います。合計で10,000円〜11,000円くらいという感じでしょうか。

3,500円のものと同様に倍くらいの値段のものが入っているということだと思います。

まりさん(@healing_jasmine)が投稿した写真

スターバックスの福袋を絶対に手に入れる方法

2017年もやはり人気が高いです。

店舗によっては1月1日0時から福袋を販売していたところもあったかもしれませんが、少しずつ減ってきているようです。私も2016年の福袋は1月1日の0時に購入したのですが、今年は1月1日の朝です。

店舗によって福袋の販売開始時間が異なっていたりするので、早く販売を開始する店舗を見つけることも大切だと思います。

多くの店舗は1月1日の7時から販売を開始!

1月1日の0時に店舗が開いていても、福袋は朝の7時からというところも多くあります。店舗ごとに販売開始の時間や1人あたりの販売限度の個数を決めていますので、しっかりと確認することをお勧めします。

1月1日に福袋を販売しない店舗もある!

店舗によって、販売開始時間が異なるのですが、実は1月1日に販売せず、1月2日から販売する店舗もあるのです。

なぜかというと、大晦日に混雑が予想される店舗や、大晦日から1月1日にかけて営業している店などは、1月1日の日中は休業として、1月2日から営業するからなのです。

この場合、1月1日に日付が変わったときに福袋を販売する店舗もありますが、翌日や1月2日から販売する店舗もあります。

この辺は、お店に確認しておくことをお勧めします。店舗には販売開始時間と販売個数が表示されています。

整理券を出す店舗もある!

福袋のために整理券を出す店舗もあります。

最近では、スターバックスが新商品を展開する日の朝に混雑する店舗が見られます。外国人の方が、大量にスターバックスの新商品を購入しているのを何度も見かけました。

スターバックスの方も、新商品を展開する日には、スタッフを増員して対応しています。

そういった点から、福袋についても混乱をさけるために、整理券を出すということにしているようです。

整理券は営業開始の15〜30分くらい前に配布を始めるので、こちらについても店舗に確認するといいと思います。

意外と購入できる福袋

スターバックスはこのところ、かなり増えてきました。大きな駅だと、一つの駅に3つ店舗があるなんていうところも。

こういう場合、そのうちの一つくらいは穴場となっていることがあり、いつまでも新商品が残っていたりします。福袋についても同じことが言えると思います。

福袋だけでなく、新商品の発売日などにも利用できますし、何しろ常に席が開いているスタバというのは嬉しいですよね。

午前中の早い時間なら買える

なんだかんだいっても、過去の福袋の販売状況を見ていると、1月1日の午前中なら、購入できる感じです。

気合い入れてまで欲しくないと言う人は、午前中にフラッとスタバに行ってみてください。あっさりと買えると思います。

2016年中に予想した2017年の福袋の中身

スターバックス

勝手に2017年の福袋の中身を予想していましたのでご紹介します。

トートバック(福袋のバッグ)

2013年、2014年は3,000円だったこともあり、少しチープなエコバッグのような感じでしたが、2015年は3,500円になってキルティングとなりました。

そして、2016年は帆布生地のトートバック。

これまで、福袋の広告に掲載さいれている絵がそのままバッグになっていましたので、今回も頒布のトートバッグを予想しました。

福袋の中身

今年は6,000円の福袋1種類となりそうですので、その中身は2016年の6,000円の内容に近いことを予想しました。

基本的にはコーヒー好きが喜ぶ内容だと思いますが、ステンレスボトルやドリンク無料券もついてくると思いますので、コーヒーが好きでなくてもスタバ好きの人なら満足できる内容になるのではないでしょうか。

また、2017年は1種類になったこともあり、昨年よりも多少はグレードを上げてくれることも期待できます。

ステンレスボトル・コーヒー器具

ボトル類は、タンブラーが2個ついていたり、ウォーターボトルだったりといったときがありましたが、2015年からはステンレスボトルがついています。

2017年もステンレスボトルが入っていると思います。ステンレスボトルを欲しい人は、まずお得な福袋になるように思います。

ただし、場合によってはコーヒープレスやミルフォーマーなどの器具もありえると思います。

まずは4,000円から5,000円程度のものが一つ入っていると予想します。

マグカップ2個

こちらは、家庭でスターバックスを意識してもらうためにも、これまで通りと予想しました。福袋用にデザインされたものが入っていると思います。

2016年はガラス製のマグカップが入っていました。

コーヒー豆

こちらも、コーヒーを家庭で入れるというテーマから考えて、これまで通り2袋入ってくると予想しました。

VIA

2015年のものには入っていませんでしたが、2016年には入っていました。VIAはスターバックスがかなり押していますので、間違いなく入るものと予想しました。

グリーティングカード

これも、お得感を出すことから昨年並に4つ入ってくると予想しました。無料ドリンク券がついていますので、スターバックスにお客さんを呼び込むためにも必ず入ってくると思います。

その他

その他に、コースターかノートなどのちょっとしたものが付いてくると思います。

まとめ

2017年の福袋は、1種類になりましたが、なかなか良い内容だと思います。

絶対にゲットしたい!という人は、店舗に出向いてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク