ゆるキャラグランプリ優勝は浜松市の出世大名家康くん。出世欲すごすぎない?


「ゆるキャラグランプリ2015 in 出世の街浜松」の優勝者は、地元の浜松市から出場した出世大名家康くんに決定! 地元開催での快挙!家康くん、おめでとうございます!

スポンサードリンク

ゆるキャラグランプリといえば・・・

静岡県浜松市で11月21日から23日までの3日間にかけて開催されていた「ゆるキャラグランプリ2015 in 出世の街浜松」で、地元から出場した浜松市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」が日本一に輝きました!

profile
出典:家康くん公式HP

ゆるキャラグランプリの優勝者といえば、11年の熊本県の「くまモン」が有名ですよね。食品や日用品など、様々な分野でキャラクターグッズが販売されている人気者です。

ちなみに、12年の優勝者は愛媛県の「バリィさん」、13年の優勝者は栃木県の「さのまる」、14年の優勝者は群馬県の「ぐんまちゃん」でした。

今年は、先立って8月17日から11月16日まで行われていたインターネット投票では家康くんは2位でしたが、21日から始まった地元浜松での直接決戦投票で大きく票を上積みし、逆転Vを果たしました。

全国から過去最多の1727体がエントリーし、第2位は中間発表ではトップだった愛媛県の「みきゃん」、3位は埼玉県の「ふっかちゃん」という結果でした。

出世大名家康くんってこんなキャラクター

出世大名家康くんは、浜松市のシンボル「浜名湖」のうなぎのちょんまげを頭に、ヤマハ、河合楽器製作所、ローランド、ボス(BOSS)、鈴木楽器製作所といった、なぜか浜松市に集中している超優良楽器メーカーたちを象徴するピアノ柄の着物を着たおじさんです。

家康くんは浜松市の「福」市長で、浜松市が日本一元気なまちになることを目標にがんばっています。

そして、能力は「出世運を授けることができる」こと。


徳川家康公は、浜松の地に「浜松城(出世城)」を築き、17年間城主を務めたのち天下統一を成し遂げた、まさしく「出世大名」。
拙者は、その生まれ変わりと言われているのじゃ。
浜松にお越しの皆々には、お近づきの印に拙者の「出世運」を授けるのじゃ。

(家康くん公式HPから転用)

家康のあと浜松城を守った25代の譜代大名たちの多くが江戸幕府の要職に登用されたことから、浜松城は「出世城」と呼ばれています。

徳川家康は200年以上続いた江戸時代の礎を作った方ですから、地元の大名を重用するのは当然だし、浜松城の御利益とは言いにくいですが・・・。

とにかく家康くんには「出世運を授ける」能力があるのです!

家康くんの出世欲ってすごっ!

家康くんの出世欲を全面に押し出した「浜松出世音頭」がすごいです。


心洗って 灯をともせ
 ストレス抱えず 大志抱け
 夢の飛び級昇進 まちがいなしー

心つかんで、天下つかめ
 でっかい夢をつかむのじゃー
 晴れて社長昇進、あらうれしー

 出世 出世 出世 出世
 出世 出世 出世 出世 出世
 出世で家族も にんまりよ~

家康くん公式HPから転用)

途中途中に家康くんのつぶやきが加わります。

浜松市民はこれをお盆に踊っているのか?何となく景気いい感じですね。そもそも、徳川家康って、こんなに出世欲強い人でしたっけ?

「鳴かぬなら 鳴くまで待とう時鳥」

どちらかというと忍耐強くて努力の人といったイメージでした。

でも、このくらいおおっぴらに「出世願望」を出している人って、なんとなくすがすがしいですね。家康くん、私も会いに行くから御利益くださいね。

ちなみに、「家康くんの頭のうなぎちょんまげが出世力の源」と書かれていました。

家康くんのちょんまげタッチが流行ったりして。

スポンサードリンク