クリスマスやパーティーに!失敗なしのローストチキンのレシピ


クリスマスといえば、クリスマスケーキとローストチキン!ローストチキンって難しそうですが、実は、とっても簡単に作れるんですよ!今年こそチャレンジしたい絶品&簡単で失敗なしのローストチキンのレシピをご紹介します!今年のクリスマスは、おいしいローストチキンを作って家族に自慢してくださいね♪

スポンサードリンク

ローストチキンは日本だけ?

日本では、クリスマスといえばローストチキンや鳥のから揚げのイメージですが、これは日本だけのようです。

欧米では、クリスマスといえば、ローストチキンではなくターキー。日本でローストチキンが流行ったのは、ターキーが手に入りにくいということに加えて、ケンタッキーフライドチキンの影響という説もあります。

ヨーロッパ出身の友人に「なぜニワトリ?」と不思議がられたこともあります。照り焼きなどを日常的に食べているので、ごはんに合うしなじみのある味だからかもしれませんね。

基本のローストチキンのレシピ

ローストチキン

この基本のローストチキンのレシピは、昔テレビで紹介していたものです。簡単なのに、本当に絶品!お店のローストチキンが食べられなくなります。

失敗なしのローストチキンのレシピなので、クリスマスだけではなくパーティーなどでも試してみてください!

基本のローストチキン 材料

  • 骨付きもも肉:2枚(1枚 200 グラム〜 230 グラム)
  • だししょうゆ:50ミリリットル
  • みりん:50ミリリットル
  • 鶏がらスープのもと:小さじ1
  • はちみつ:小さじ1

基本のローストチキン 作り方

  1. 鶏肉の骨の両脇に沿って包丁で切れ目を入れます。厚みを一様に整えてください。
  2. 調味料を合わせて半量をビニール袋に入れ、1 の鶏肉をいれて200回もみます。もむ代わりに一晩漬けておいてもOKです。
  3. フライパンで、残りの調味料にはちみつを加え、とろみがつくまで中火で煮つめてタレを作ります。
  4. 130度に予熱していたオーブンで、2を身の方を上にして 30 分間焼きます。
  5. オーブンから出した鶏肉にタレをぬってから、予熱1分したグリルで身の方から2分焼き、皮がわを1分半焼きます。(両面グリルの場合は、予熱1分の後、2分焼く)
  6. タレをはけでぬってできあがりです。

レモンローストチキンのレシピ

さっぱりとした味のローストチキン。栗原はるみさんのレシピです。

レモンローストチキン 材料

  • 鶏肉:一羽
  • 塩:小さじ2
  • あらびき胡椒:少々
  • (A)バターの薄切り:20g
  • (A)にんにくの薄切り:2片
  • (A)ローズマリー、タイム:少々
  • レモン:1個
  • オリーブ油:大さじ2
  • (ソース)焼き汁
  • (ソース)白ワイン:大さじ2
  • (ソース)塩、胡椒:少々
  • (B)コーンスターチ、水

レモンローストチキン 作り方

  1. オーブンを160℃に予熱します。
  2. 天板にアルミ箔とクッキングペーパーをひき、鶏肉を載せます。
  3. 表面全体と腹の中に塩、胡椒をふり、皮と身の間にAを半量挟み、Aの残りを鶏肉の腹の中に入れます。
  4. レモンを半分に切って表面と内側に絞り、全体にオリーブオイルをかけます。
  5. 予熱したオーブンで90分間焼きます
  6. 焼きあがった鶏を取り出し、天板に出た焼き汁を小鍋に入れます。
  7. 焼き汁にワインを加えて煮立て、塩、胡椒で味を調えて、Bを加えてゆるいとろみをつけます。

どちらのローストチキンも、普段から作りたくなるくらい簡単!試してみてくださいね。

スポンサードリンク